NEWタイプDELTAトレーサー(田中恵子)の評価や評判

DELTAトレーサー 転売・せどり
DELTAトレーサー

マネーの羅針盤~管理人の猫田です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

このサイトでは、巷に溢れる多種多様な情報商材について、本当に稼げるのか?詐欺じゃないのか?という観点からしっかりと検証してまいります。

情報商材を求めてしまう方々の共通点は・・・手っ取り早く金儲けをしたい。・本業があるので片手間な時間の作業だけで小遣い稼ぎになれば良い・知識や経験なく誰でも稼ぐことが可能、、、etc。

特に「簡単に稼げます」という宣伝文句には注意が必要です。通常は冷静に考えれば理解出来ることも、プロが作成したランディングページ(販売ページ)という暗示に掛けられたしまい、惑わされてしまうのが現実です。

プロローグ

情報商材考察

情報商材の概念を簡単にご説明すると、インターネットの販売サイトで、副業もしくは本業としても取り組める、投資や転売、ギャンブル等稼ぐことが出来るノウハウを販売されている情報のことを指します。

販売形式は、PDF形式などの電子媒体で 取引されることが多く、中には動画での解説、またセミナー形式で説明会を開催する等がありますが、基本的には、パソコンやスマート フォン等を使ってダウンロードや閲覧出来る媒体となります。

また、商材自体がPDF形式のファイルであることが殆どの為、一度商材を作れば原価は掛からず、通常のビジネスにはない、高い「粗利率」を出すことが可能なのです。また情報商材を販売するにあたっては、特別な許可や免許もなく、参入障壁が低いというのも、特徴として挙げられます。

管理人は、情報商材に対しては猜疑心の塊ですので、疑いも持ちつつ冷静な判断で内容を見極めてまいります。誇大広告ではないか?再現性はあるのか?管理人自身が情報商材を購入し続けてきた被害者な為、色眼鏡無しで情報商材の真偽をお伝え出来ればと思います。

今回の情報商材

情報弱者を餌食として、稼ぐために「誰でも儲かる」「片手間やほったらかしで稼げる」・・etcのような、誇大広告を常套手段として、詐欺まがいの情報商材が販売、横行しているのが現実なのです。

では『NEWタイプDELTAトレーサー』についてはどうなのでしょうか?今回の商品は厳密に言えば情報商材と違い、ツールという立ち位置ですが、稼ぐ為のツールということで、選択肢として取り上げました。

モノレート無きせどりツールとして人気となっている『NEWタイプDELTAトレーサー』の使い勝手・評判等について、紐解いていきましょう。

まずはランディングページよりのまとめです。

商材の概要

無料版で人気を博していた、グーグルクローム拡張機能『DELTA tracer』、Amazon物販の仕入れ判断を助ける、月掛け課金制のせどり用ツールとなります。
デルタトレーサーはAmazon.co.jpで販売されている商品の、現在までの価格、出品者数、人気度の変動を確認することができるサービスです。

 

​せどりとは?
せどりとは、一口でいうと「転売」のことです。インターネット通販やリサイクルショップなどで安く仕入れた商品を販売し、仕入れ額と販売額の差額で利益を得ます。

従来、せどりは主に古本の転売を意味する言葉であり、利益を得るためには相場や売れ筋商品に関する知識が必要でした。

しかし、インターネットの普及により、せどりは手軽に始められるようになりました。インターネットを使って、相場や商品の情報を調べたり、通販サイトで商品を仕入れたりできるようになったからです。
出典:https://entrenet.jp/magazine/24824/

コンテンツ

NEWタイプDELTAトレーサー(リサーチツール)

・商品検索
・商品データ
・価格・出品者数・ランキング変動グラフ
・keepaグラフ
・利益計算器
・FBA料金シミュレーター及び出品制限確認
・EC-Data

※Google Chromeの拡張機能

セールスコピー

少しでも多くのAmazon物販従事者にコストを掛けず安定した仕入れを実現して欲しい。そんな想いのもとこれまで蓄積された10億以上のDATA+KEEPA社との業務提携により、DATAに裏付けされた仕入れツールができました。

楽天・Yahoo!ショッピングなどのサイト上でもNEWTYPE DELTA TRACERのデータ確認ができるようになりました。(PCのみ対応)

出典:https://www.new-deltatracer.com/

特定商取引法に基づく表記について

「特定商取引法」とは、消費者の利益を守るルールを定めた法律のことを指します。ネットショップには「特定商取引法」に基づいた表記を必ず掲載しなくてはなりません。
通信販売に対する規制・広告の表示(法第11条)の中には、事業者の氏名(名称)、住所、電話番号を明記しなければならないと決められていまし、その他販売ページにおける「誇大広告等の禁止(法第12条)」も、明確に定められています。

販売業者:合同会社ナナイチナナ
運営統括責任者名 田中 恵子 
所在地:青森県八戸市根城3-21-10 根城ハイツC号
電話番号:0178-38-5598
販売ページ:https://www.new-deltatracer.com/
メールアドレス:717@nana-ichi-nana.com
開発オフィス:東京都江東区豊洲3丁目4−1
シティタワーズ豊洲ザ・ツイン サウスタワー2901

表記については問題がないと思います。ただし、当たり前ですが特定商取引法に基づく表記があるからといって稼げる商材とは限りませんのでご注意ください。

クチコミ・評判・評価について

私自身、この『NEWタイプDELTAトレーサー』のことをググって調べてみたのですが、ステマサイトが多く、本当に購入した方のクチコミが少ない印象を受けました。

ステマとは、ステルスマーケティング(stealth marketing)の略語で、ステマサイトが多く発信されている情報商材は、悪質なものが多いというデータがあります。

また、ステマサイトの特徴としては無料ブログを使っているのが殆どです。seesaa.net・hatenablog.・jugem.jp・・・等が多いですね。

有料版は必要のない機能が多く表示が遅いです。無料版で1秒掛かっているものが、有料版だと5秒掛かっている印象です。価格の変動以外の情報は不要なので、それ以外は全部邪魔です。どうせ有料にするならば、無料版を有料で使わせてほしいです。
出典:https://bit.ly/3jJcCuX

【NEWタイプDELTAトレーサー】は現時点ではあまりお勧めすことはできません。
そもそも、こちらのツールは無償で提供されていたのですが、いつしか有料されるようになりま した。有料化され品質向上することを期待していましたが、実際蓋を開けてみると、[画面表示 が遅い][カメラ検査の精度が悪い][データが正確ではない]等の使い勝手やデータの正確性が悪く なったという意見が飛び交ってしましました。
出典:https://apboxes2021.com/deltatracer

データ表示がやや遅い
徐々に改善はされているものの、まだ遅く感じるのが正直なところ。
もっと少しスピードアップしてくれると使い勝手が良くなると思います。
これからの改善に期待したいです。
出典:https://crisp-trick.com/delta-tracer-review/

商材のオススメ度(検証結果)

無料版のデルタトレーサーは元々2020年10月に終了とアナウンスされたものの、実際には2021年1月中旬頃まで使えていたそうです。

NEWタイプDELTAトレーサーと同じような機能を持つツールに「リーファ」というものがあります。こちらの特徴として、「動作がめちゃくちゃ速い」「スマホに最適化」「全期間見れる」「中古のコンディション別グラフに対応」等、価格も2200円/月とNEWタイプDELTAトレーサーと変わりはありません。

特にリーファの拡張機能は凄く軽い!!と報告しているユーザーを沢山聞きました。

以上の理由により、『NEWタイプDELTAトレーサー』についてはオススメは出来ません。

雇用情勢が大きく変化する社会情勢を踏まえ、副業に夢を抱き、この手の情報商材やツールの需要も、残念ながら高まるものと予想としております。訪問者の皆さまがそれでも、『NEWタイプDELTAトレーサー』を検討する場合は、ご本人にとって本当に必要なツールであるのかを十分にご検討の上、ご決断いただけますように、心から願っております。

情報商材のまとめ

情報商材を悪用した犯罪で適用される法律は?

情報商材はその広告をする為、多くの販売者はランディングページという1枚ものの販売サイトを作成して運用しております。販売サイトである以上、特定商取引法に伴う法律を遵守する必要があります。具体的には下記のような内容なります。

特定商取引法に基づく表記

訪問販売、通信販売、連鎖販売取引等といった消費者トラブルを生じやすい特定の取引形態を対象として、消費者保護と健全な市場形成の観点から、特定商取引法を活用し、取引の適正化を図っています。

特定商取引法では、事業者の不適正な勧誘・取引を取り締まるための「行為規制」やトラブル防止・解決のための「民事ルール」(クーリング・オフ等)を定めています。

通信販売をする事業者には、会社名と責任者、所在地、連絡先等を明確に表示する義務が課せられております。

出典:消費者庁

つまり、特定商取引法に基づく表記表記に虚偽等があれば、特定商取引法違反の対象となります。

また、特定商取引法には、誇大広告等禁止の項目があり、説明されている内容と違う大袈裟な表現を用いて消費者を煽る行為も禁止であることも定められているのです。

情報商材の種類によっては、誇張した情報や虚偽の情報により消費者から金銭を騙し取った場合は、当然、詐欺罪に該当するケースもあります。

ちなみに、ケースバイケースですが、詐欺罪と判断された場合、法規的には10年以下の懲役が科されます。

悪徳情報商材の被害にあった場合は!?

万が一、悪徳情報商材の被害にあった場合についてのご助言。

benngoshi

benngoshi

ネット上でこういった広告をご覧になられた方も多いのではないでしょうか?
もちろん、こういった対応は多くの弁護士さんが力を入れて活動されていますので、裏返すと、それだけ被害を受けている方々が多いのだと、改めて考えさせられる世情です。

弥栄法律事務所様における特徴

POINT1.ご相談は何度でも無料!
POINT2.着手金無料!弁護士費用は成功報酬
POINT3.24時間365日 全国対応
POINT4.キャリアのある弁護士が対応
POINT5.秘密厳守

出典:https://yasaka-official.com/sagi_fukugyou_g/

アフィリエイターの特典について

昔から思っていました!果たして、情報商材のアフィリエイトの特典は必要なのか!?と。

多くのアフィリエイターは、他の販売者と差別化する為に、多種多様な「特典」を付けて、情報商材のレビュー記事を作成しています。

無論、購入意欲を高める為の特典なのですが、特典の数や内容だけに目を取られて、肝心の購入した商材に集中出来ないような状況になると、本末転倒です。

100歩譲って、その特典が商材購入後のサポート等であれば納得もいくのですが、その多くは使い回しの無駄な特典であることが多いです。

かく言う私自身も、多くの特典付きで「お得!!」と思って購入した情報商材が過去にありましたが、特典を活用出来たことは、一度もありませんでした(;’∀’)

文末までご覧頂きましたこと、心よりお礼申し上げます。

これからも、訪問者さまに有益な情報を提示すべく努めてまいりますので、またご訪問頂ければ幸甚に存じます(^_-)-☆

マネーの道標 管理人 猫田

 

タイトルとURLをコピーしました