マーケティングFX 楠山高広 ノウハウの真実に迫る!!

marketing FX FX商材
marketing FX

マネーの羅針盤管理人です。数多いサイトの中から当サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。当サイトでは、訪問者さまに少しでも有益な情報をお届け出来ますように、誠心誠意もモットーにサイトの運用をさせて頂いております。

プロローグ

世間では、情報商材=詐欺というのが通説になるほど知られていますし、中には「情報商材 被害者の会」まで結成されていると聞きます。

情報商材の9割以上については、実際には稼ぐことが出来ない、稼ぐのに時間が掛かり過ぎてしまい、結果を出す前に(稼げる前に)挫折してしまった方も多いようです。

また、情報商材自体は高い価格で設定せずに、比較的安価で販売、その後、高額なコンサルティングやビジネスセミナー、ソフトウェア等を契約させられるというケースもありますのでお気をつけください。

さて本日は『マーケティングFX』という商材を記事として取り上げていきたいと思います。先ずは商材のランディングページ(販売ページ)から気になる点を抜粋してみます。

商材の概要

コンテンツ

FXの教材となります。
「勝てないのはロジックが悪いからだ!」と販売ページでも豪語していますように、テクニカル指標を用いず、7つのルールを用いて、基本となるのは、押し目・戻りで仕掛ける順張りのライントレードが中心。一般的にトレンドフォローロジックと呼ばれている手法ですね。

「FXで勝つ7つのポイント」も具体的なノウハウと解説を付けて
このページ上で全てお伝えします。

総計700ページ以上とマニュアルと事例集

トレードマニュアル4冊
トレード事例集6冊
損切り、利確事例集60パターン
Q&Aの回答80以上

セールスコピー

  1. トレンド相場とレンジ相場の見極めを『10秒以内』に出来るようになる
  2. 通貨強弱の見極めを『3秒以内』に出来るようになる
  3. チャートに張り付くことなくFXで資産を築く方法がわかる
  4. 適当にトレードしても中々破産出来ない資金管理法がわかる
  5. トレードを半自動化出来るシステムが丸ごと手に入る

特定商取引法に基づく表記について

「特定商取引法」とは、訪問販売や通信販売などを利用する消費者を守るための法律です。

特定商取引法では、ネットショップ上に氏名や住所、電話番号などの「特定商取引法に基づく表記」をすることが義務付けられています。

つまり表記のない場合は、規約違反を犯しているので注意を要します。

販売業者:株式会社 e-FLAGS
運営統括責任者:楠山高広
所在地:〒189-0012 東京都東村山市萩山町3-22-32
電話番号:042-393-7037
E-MAIL:info@@eflags-mail.jp
URL:https://marketing-fx.jp/

特商法の表記については特に問題は無いようです。

クチコミ・評判・評価について

マーケティングFXに対する気になった評価記事を何点か掲載させていただきます。        結果的にこの商材に対する批判的な内容が多く散見されましたww

あくまで個人的な見解ですが、今回の商材については初心者向けではありませんし 初心者が使いこなすには難しい商材ではないでしょうか。
また、ビジネスは正しいノウハウとある程度の努力をして 積み上げ式に利益を得ていくものであると考えていますので やはり「見送る」といった判断が良いかと思います。
出典:http://dz17.net/archives/4433

返金保証はリアルロ座は勿論、デモロ座でのマイナスでも全額返済保証。
今まで色々 扱ってきましたが、デモでの損失発生までカバーした全額返済は初めてです。 これが本当なら素晴らしい!
しかし 実態は…何度かトレードし、損失出たため、返金要求した所、取引回数が少ない等で、返金を受け 付けられなかった事例がNETに溢れており、何の為の返金保証制度か分かりません。

出典:https://bit.ly/3kT3Snm

「セールスレターを見ただけで、初心者だけどなんとなく凄そうだから買ってみようかな」という安易な考え方は、必ず失敗するということです。

マーケティングFXは実践そのものにも煩雑さがあるので、初心者がシステムを使いこなすにはハードルが高過ぎると思います。以上の理由から、マーケティングFXはお薦めできない(詐欺)情報商材ということになります。

出典:https://breakingnews.is/review/2019/01/marketing-fx.php

商材のオススメ度(検証結果)

販売者である楠山高広をネット検索をしてみると、「ステマサイト」ばかり目立っていました。(ステマサイトとは消費者に宣伝を悟られないように宣伝するサイト)ステマサイトが多く発信されている情報商材は悪質なものが多いというデータもあります。

『マーケティングFX』の情報商材については、当サイトではお薦め致しません。

ここで、悪徳商材の特徴そして優良商材の特徴を簡単にご説明すると・・・

【悪徳商材の特徴】

  1. 特定商取引法に基づく表示が変
  2. セールスページに「絶対・確実・ほったらかし」などのワードが入っている
  3. 消費者の不安を煽ったり、焦らせたりするようなワードを並べ消費者を煽って購入させようとしてくる
  4. 二重価格表示・・・つまり今だけ限定価格や割引価格で消費者を煽るのは悪質情報商材の常套手段・・後何時間で値上がり等。
  5. 商材は安価なものの、購入後のサポートがやたら高額

【優良商材の特徴】

  1. 購入者レビューで実際に購入して実行された方の評価が高い
  2. 特商法等、ランディングページ(販売ページ)に信用性がある
  3. 販売者自身が社会的に信頼されている
  4. 再現性があり、それが一時的でないこと

また、情報商材のレビュー記事の多くは、「アフィリエイター」が商材を販売することにより、マージンを貰える仕組みになっています。つまりアフィリエイターにとっては、商材が良い悪いという概念は無く、ひとつでも多く販売したい!!というのが本音です。

その為には、基本的に商材を褒めちぎり薦めてきますし、多くのアフィリエイターは他の販売者と差別化する為に、多種多様な「特典」を付けて、情報商材のレビュー記事を作成しています。

酷い場合は、アフィリエイターが商材の中身を全く確認していないにも関わらず、「これがオススメです!」といって、紹介するケースも実際に存在します。

すなわち、情報商材自体の信頼性や再現性が、少しでも疑わしい場合は、少し時間をおいて、言い換えれば頭を冷やして考えてみるのをお薦め致します。

『マーケティングFX』の情報商材についての記事が、訪問者さまに少しでも参考になられたのであれば幸いでございます。

文末までお読み頂きましたこと、誠にありがとうございました。

マネーの道標 管理人 猫田

タイトルとURLをコピーしました